OB・OG会規約

2 月 24th, 2009

愛知大学豊橋フォークソング研究会(T.F.A)OB・OG会規約

〔平成21年1月3日承認〕
第1章 総則
(名称)
第1条 この会は、「愛知大学豊橋フォークソング研究会(T.F.A)OB・OG会規約」(以下「OB・OG会」という。)と称する。
(目的)
第2条 OB・OG会は、OB・OG会の会員(以下「会員」という。)相互の親睦を深めるとともに、音楽を通じ世代を越えたコミュニケーションの場を会員に提供することにより、OB・OG会の発展並びに会員及び会員家族の福祉の向上に寄与することを目的とする。
(事業)
第3条 OB・OG会は、次に掲げる事業を行う。
(1) OB・OG会名簿の維持管理
(2) 総会(同窓会)の開催
(3) ホームページの開設・運営
(4) コンサート、親睦会、レクリエーション、その他会員の福祉の向上を目的としたイベントの開催
(5) 前各号に定めるもののほか必要と認める事業
2 前項に規定する事業の実施に関し必要な事項は、役員会で定める。
第2章 資格
(会員)
第4条 会員となることができる者は、愛知大学豊橋フォークソング研究会(T.F.A)に在籍していた者とする。
第3章 組織
(役員)
第5条 OB・OG会に次の役員を置き、役員会を組織する。
(1) 会長 1名
(2) 副会長 若干名
(3) 学年幹事 若干名
(4) 会計 1名
2 会長は、OB・OG会を代表し、OB・OGに関する事務を統轄する。
3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときはこれを代行する。
4 学年幹事は、会長の命により、OB・OG会の世代ごとの事務全般を司る。
5 会計は、OB・OG会の会計事務全般を司る。
6 担当役員が選出されない場合は会長が兼任をする
第6条 前条に規定する役員のほか、必要に応じ次の役員を置くことができる。
(1) 相談役
(2) 顧問
(3) 代表幹事
2 前項に規定する役員は、役員会の構成員となる。
(役員の選出及び任期)
第7条 前2条に規定する役員の選出は、同窓会において行う。
2 役員の任期は4年とし、再任を妨げない。
(役員会)
第8条 役員会は、第3条に規定する事業の実施、その他OB・OG会に関する基本事項について審議・決定する。
2 役員会は、会長が主催する。
(事務局)
第9条 OB・OG会の事務を処理するため、会長の指定する場所に事務局を置く。
2 事務局は、役員で構成する。
3 役員が必要と認めた場合は、前項の規定にかかわらず、各種実行委員会委員を担当とすることができる。
第4章 会費
(会費)
第10条 会費は、原則として無料とする。
2 臨時会費は、役員会が総会時等必要と認めた場合に徴収する。
3 臨時会費の徴収・管理に関し必要な事項は、役員会で定める。
第5章 補則
(規約の変更)
第11条 この規約の変更は、役員会が発議し、総会出席者の3分の2以上の賛成により成立する。
(委任)
第12条 この規約に定めるもののほか、OB・OG会の運営について必要な事項は、役員会が定める。
(会員名簿)
第13条 会員名簿はデータとし会長および副会長のみが所持し、個人情報保護法およびOB・OG会のプライバシーポリシーにしたがって取り扱う。
2 新卒業生の名簿収集に関しては毎年11月に愛知大学豊橋フォークソング研究会の総会において行う。
3 4年生および短期大学部2年生に対して別紙に定める同窓会名簿登録承認用紙の提出をもって承認したこととする。
附 則
(施行期日)
1 この規約は、平成20年10月1日から施行する。
(経過措置)この規約の承認日は2009年9月30日とする。
2 この規約施行の際、現に会員であるものは、この規約の規定に基づき会員資格を与えられたものとみなす。
3 この規約施行後に初めて選出される役員は、この規約の定める手続きにより選出されたものとみなす。
4 役員会で新たに決められたことは総則に追加する。またホームページへの掲載により会員に告知したこととする。

Comments are closed.